Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

たった30日でairbnb収益¥1,000,000超えの僕が民泊ブログを始めた理由

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

こんにちは、龍之介と申します。2017年7月4日、民泊の戦略ノウハウに関するブログをはじめました。ということで今回はこちらの内容です。

 

なぜ、airbnb民泊ブログを始めたのか

f:id:tentairbnb:20170704142631p:plain

その理由はかんたんです。みなさまにも民泊を始めていただき、継続してもらいたいからです。なぜか独り占めすることなく、みなさまにもやってほしいかというと

オリンピックで観光客が増えていく見込みの中、ホテル不足が懸念される日本全体を救うため、 宿の数をマクロ的に増加させていくべきだ

と、考えているからです。このステキな日本を、より多くの世界中の人たちに知ってもらうためには、まずはそのインフラとなる宿が必要です。

実際に、観光客の方は口を揃えて言います。「ホテルを取るのにかなり苦労した」と。

そのためには、みなさまに民泊を始めていただき、成功し続けなくてはなりません。

私のビジョンは、「日本の宿を増やす」です。でも、ホストとなるみなさまが民泊を始める理由の大半は「収益アップ」ですよね。なので、収益化にフォーカスして、実際に僕が短期間で収益を伸ばすことに成功したノウハウを、余すことなく伝えていけたらなと思っています。そして、みなさまが継続して民泊を運営してもらえたらな、と思います。

 

現在のairbnb民泊の収益は?

f:id:tentairbnb:20170704142152p:plain

私は、6/1よりairbnbにて初めての宿を公開開始、その後2つの宿を更に公開。2017/7/4現在、3つの部屋を運用しています。実際どのくらい収益でるの?が気になるところだと思うので。

現状の収益は、こんな感じになっています。

f:id:tentairbnb:20170704134840p:plain

はい。

既にairbnbを開始している方ならわかると思いますが、こちらはairbnbで管理されている収益確認画面です。

7月月間で650,000円ほど、3ヶ月合計で1,154,876円の収益となっております。

民泊をairbnbに公開して1ヶ月ちょっと。既にこの収益が実現できています。このペースで行けば、年間600万のほどの収益は見込めるのではないでしょうか。ちなみに毎月の費用は、家賃含めて30万いかないくらいですかね。かなりの高利益です。

 

それでは、なぜ1ヶ月という短期間で、ここまで収益を伸ばすことができたのか。

実際にどのような戦略で民泊を始めるべきなのか。

その全てをお伝えしていきます。

特別なことをしているわけではありません。ゲストの立場に立って、なにが必要かなー、どう思われるかなー、と、必死に考え続け、行動した結果だと思ってます。

そして、お客様と接する場面が、メッセージを送り合うときのみ(貸切部屋の場合)なので、人によって結果が出るとか出ないとかはありません。

再現性の高い事業、誰でも収益化できる事業が、民泊です。

それでは、実際に私の考える戦略を提供していきます。