Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

民泊をするなら洗濯乾燥機は必ず買うべきである3つの理由

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

洗濯乾燥機は価格が高い、確かに高い。でも民泊をするなら、絶対買うべきだと断言します。

その理由は以下の3点です。

長期滞在の予約が入りやすいから

f:id:tentairbnb:20170707152358p:plain

仮に「1泊2泊で帰ります」という人には、必要はないかもしれません。しかし4泊5泊以上の長期滞在であれば、洗濯機、乾燥機があることで、予約率が急激にアップします。ゲストは、できるだけ荷物を少ない状態で旅行に来たいと思っています。荷物のほとんどは着替えの服です。洗濯乾燥機があれば、少ない着替えで旅行に来れるので、長期滞在者には重宝されます。洗濯乾燥機に衣服をいれてスイッチをオンにするだけで、宿に帰ってきたら綺麗になって乾いているので。次の日にすぐ使える服となるわけですね。

清掃が圧倒的に省力化できる

f:id:tentairbnb:20170707152450p:plain

ホストとして物件選びから集客、運営管理、清掃までやっている私からすると、洗濯乾燥機の存在は、清掃の救世主です。洗濯乾燥機のスイッチを押す→畳む 以上です。これだけでいいからです。仮に乾燥機がないと、洗濯する→宿から持ち出し干す→畳んで宿に持っていく 大変ですよね。洗濯機がないと、そもそも外で洗濯をしなくてはなりませんね。コインランドリーが近くにあるとは言えども、清掃を短時間で、省力的に行うには、宿に置いてあるに越したことはありません。コインランドリーの出費も、塵も積もれば山となる、ですからね。

洗濯機・乾燥機に分けてしまうとスペースを取る

f:id:tentairbnb:20170707152824p:plain

民泊の1泊あたりの収益は、宿泊人数しだいといっても過言ではありません。なので、できるだけ多くの人を泊めるために、無駄にスペースを取らないことが大切です。さらに、スペースがあるということは、一つの価値でもあります。広々としたお部屋で過ごしたいとゲストは思っています。洗濯機と乾燥機を並べるだけでも、かなりのスペースを取りますよね。一つにまとめてしまいましょう。

いかがでしたでしょうか?ちなみに私は、ドラム式の洗濯乾燥機を購入して使っています。中古品で買いました。

価格重視であれば、ドラム式である必要もないと思います。こちらなんかも良いかと思います。

宿泊人数上限が多い場合は、たくさんのタオル、スーツを一度に洗濯乾燥できるよう、容量が多い洗濯乾燥機を選びましょう。容量が大きい場合、設置するにあたり、部屋内のドアを通過するかどうかもポイントです。私は、6kgサイズでしたが、製品そのままでは通過しなかったので、一度解体してから入荷、設置頂きました。

洗濯乾燥機は、初期投資としては4万~15万と大きくなりますが、長期滞在予約増加による清掃代行費の軽減や、そもそも宿泊稼働日数をふやし、収益を上げていくために、非常に役立ちます。洗濯乾燥機があるだけで、ゲストの満足度も上がるので、レビューでも有利に働くことは間違いありません。まだ設置していない方は、思い切って買いましょう。Amazonで購入するメリットは「送料が安い」これにつきます。

「洗濯乾燥機は、金銭的にどうしても」という方がもしいらっしゃいましたら、せめてゲストが洗濯したものを乾かせるよう、つっぱり棒とハンガーの設置はしましょう。壁に穴を開けることなく設置することのできるつっぱり棒が数多く安価で販売されているので、こちらなんかはオススメです。アイリスオーヤマは便利で安価なものを多数販売しています。

ハンガーも合わせて買うと楽です。

 

適切な初期投資を行い、継続的な収益化と、快適な民泊ライフを目指しましょう。