Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

勝ち組ホストが民泊Wifiを買わない理由

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

こんにちは、龍之介です。

民泊Wifiの登場

民泊が日本で増えてきたタイミングで

「民泊Wifi」が登場しました。

保証サービスがついているポケットWifiことです。

 

Wifiは、民泊を運営する上で、今となっては欠かせないアイテムのひとつですよね。

外国人宿泊者は、宿にも優れた通信環境を求めています。

Wifiがないだけで、びっくりするくらい予約が入りません。

ホストを始めてから2週間は、Wifiのない宿を運営していましたが、

Wifiについての問い合わせがゲストからかなりの件数入りました。

必ず、Wifiは用意しておきましょう。

 

さて、「民泊WIFI」は本当にホストにとっては良いサービスであるのでしょうか。

本当に契約すべきなのでしょうか。

数ある民泊WIFIの中で価格が安く、有名な「Famifi」がこちらです。

今回は、民泊WIFIの代表としてこちらの分析を行います。

結論から言います。

民泊WIFIは契約しないほうがいいです。

GMOとくとくBBWiMAX2+を契約しましょう。

これから紹介するGMOのWimax2+の

料金と機能が最適だからです。

GMOだけ、33000円のキャッシュバックがあります。

※ほかの業者とWimaxを契約すると、月々の支払い料金が高くなったり、キャッシュバックがなかったりするので絶対にやめましょう。

こちらです。

なぜ民泊Wifiではなく、このGMO WiMAX2+と契約した方がいいのか。

もっと深くお伝えしていきます。

そもそもどんなWifiが民泊に適しているのか?

民泊で設置するWIFIは、

「容量無制限」「大人数同時接続可能」を選んで契約すべきです。

通信容量の制限があると、急に低速になりゲストとのトラブルになりかねません。

また、スマホ1台のみしか接続できないWifiと契約してしまうと、

外国人ファミリーが使う場合、ひとりしかWifiを使用できないので、不便が生じます。

これらを考えると、ポケットWifiの中で

「WiMAX2+」が優れていることがわかります。

容量無制限と、同時接続の条件をクリアしているから。

この部分を詳しく知りたい方は、Wifi オススメ などのワードでググってみると、一目瞭然です。

 

では、民泊Wifi「Famifi」の容量や同時接続、スピードはどうなのー?

実はこの民泊Wifi。機器がWimax2+の「WX03」という機器です。

なので、Wifi自体の機能面はとても良いのです。

実は民泊Wifiとは、

Wimaxに保証をつけて高く販売しているだけ

です。なので、

高い料金を払ってWimaxに保証をつけるか

保証をつけず、Wimaxのコストを抑えるか

のどちらかになります。

価格を比較する

民泊Wifi「Famifi」と

オススメWifi「GMOとくとくBB」

の料金比較がコチラの表です。

保険商品と同じで料金体系が若干複雑なので、

ひと目でわかってもらえるよう、

それまでの支払い合計料金を時系列でまとめた表となっています。

上2行が「GMOとくとくBB」、

下2行が「Famifi」

(それぞれ保証サービスつき、保証サービスなしで分けてます)

※筆者計算結果に基づいた表です。キャッシュバックは11ヶ月目に全額受け取れますが、表では1ヶ月目からキャッシュバックを計算に入れています。

f:id:tentairbnb:20170708155259p:plain

それぞれのWifi、保証サービスありだと500円ずつ高いです。

共に保証サービスつけるとして、支払い始めてから12ヶ月時点の合計金額をひっぱってくると、

GMOとくとくBB(保証〇):¥24848

Famifi(安心保証〇)   :¥53760

約30000円もGMOとくとくBBの方がオトクです。 

Wifiに保証はつけるべき?

ポケットWifiは、紛失リスクがつきまとうから、

「民泊WIFI」が誕生したのだと思います。

しかし僕は「紛失リスクはかなり少ない」と断言します。

※3台のWifiは、運用開始から1年2ヶ月で一回も紛失・故障ナシ。

最悪、実は紛失しても、コストはあまりかかりません。

その理由がコチラです。

airbnb上で「ハウスルール」と「保証金」を設定できる

わざわざ民泊WIFIで保証サービスをつける必要がないからです。

airbnbでは、ハウスルールと保証料金の設定が可能です。

なので、ゲストがWimax2+を使用して、破損したり紛失された場合は、airbnbを通じて、ゲストに請求することができます。

この制度があるので、紛失することによる費用発生リスクはほぼありません。

僕は、ポケットWIFIを民泊用に契約してから、ハウスルールに以下の記載をしています。

f:id:tentairbnb:20170708161028p:plain

また、保証金を以下のように設定しています。

f:id:tentairbnb:20170708161223p:plain

これで、Wimax2+を破損したり紛失された場合は、ゲストに請求可能です。

ゲストが紛失を恐れて予約してこないのでは?

と思うかもしれませんが、問題なく予約も入ってきます。

更に、ゲストにはWimax2+を外に持ち出して使って頂いています。

民泊を始めて既に1年以上たちましたが、破損・紛失は一度もありません。

まとめ

保証はairbnbでOK。GMOのWimax2+を買いましょう。

運営していく上で、Wifiにかける費用は安いに越したことはないでしょう。

仮に、民泊を辞めたりしてWifiが必要なくなったー。となったとしても、

2年後の契約月にしっかりと解約手続きを踏めば、解約金がかかることもありません。

キャッシュバックをもらったタイミングで、解約を考えてもいいです。

私は、現状、Wimax2+を3台契約しています。民泊Wifiではありません。

保証はairbnbを通じて行っています。

 

GMOで契約する機種は、最新のものを選びましょう。

GMOを選択したことで、費用を抑えることができます。

どれだけ費用を抑え、売上を上げていけるか。

勝ち組ホストへの道です。