Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

民泊清掃は知人がイチバン。そのメリットとは?

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

民泊を運営する上で、切って離せないのが「清掃」。清掃は自分でやるよという方は、時間がもったいないので戻るボタンを押しましょう。今回の記事は、清掃を他の誰かに頼んでいる人への内容です。さらっとポイントだけお伝えします。

まずはじめに。清掃を自分以外の他の誰かにしてもらう場合、この3つしかないと思います。

1.友達や親戚、知り合いにお願いしてやってもらう

2.清掃代行業者にお願いする

3.アルバイトとして直接雇う

3に関してはおそらく本格的に複数の宿を運営している人特有のものになると思うので、今回は1と2に焦点を当てます。結論から言います。みなさん、出来たら清掃は繋がりのある人に頼みましょう。理由は2つです。

知人にお願いするメリット:費用が安い

f:id:tentairbnb:20170716162432p:plain

代行業者に頼むとお金がかかります。理由は、代行業者が清掃者を斡旋する手数料分が上乗せされた費用がかかるから。例えば、代行業に雇われている清掃者が時給1000円とすると、それに紹介料の1000円が上乗せされた時給2000円が私たちホストの支払い金額になります。直接給与をお支払いして誰かにお願いした方が圧倒的に安く済むのは一目瞭然ですね。紹介料分がかからない分を、多めの給与で知人にお願いすることも可能です。

知人にお願いするメリット:柔軟性がある

f:id:tentairbnb:20170716162327p:plain

ゲストの要望に応じて用意するもの等があれば、柔軟に対応してくれるのはもちろん知人です。気軽にお願いできますよね。これが代行の清掃者であれば、新たに高額の支払いが発生したり、すぐに対応することは難しくなります。例えば、ゲストが〇〇を買っておいて欲しいといったような要望が来たとき、知人であれば「清掃の時〇〇買って置いといて」というようなやり取りも即座に可能です。出来るだけ効率的な運営を追求するのであれば、清掃者が知人であると急遽の対応を分担することができるのでとても楽です。

 

以上のことから、知人にお願いするのが、継続的な収益化を目指すにはベストです。代行業者のメリットはもちろんあります。それは、必ず清掃に来ること。知人であれば、例えば事情により辞める必要があった時、ほかの人にすぐ頼まなくてはなりませんが、代行業者であればすぐに他の人をアテンドできるので、清掃に来る人がいないというリスクはありません。そういったリスクヘッジや、そもそも知人を探してもいない(探すのが面倒)という人は、代行業者に頼みましょう。

知人に頼まれている方でも、突然の場合や都合が合わない場合のために、代行サービスの会員登録を先に済ませておくのはホストとしてやるべきことの1つです。下記リンクから登録しておきましょう。

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

家事代行マッチングサイトSHS

Airbnb(民泊業)の清掃代行なら家事代行サービスキャットハンド

特に不慣れな運営し始めたばかりの頃は何かと協力し合いながら対応できるので、まずは可能であれば知人にお願いしてみてくださいね!