Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

宿泊人数のMAXはどうする?

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

はたして、宿に何人分のベッド(ふとん)を用意するべきか。なかなか悩ましいポイントだと思います。敷き詰めてスペースを取りすぎても良くないだろうし、、少なすぎても宿泊人数減らしちゃうから収益減っちゃうし、、というところですよね。実際、適切なベッド数を見極めるのは難しいと思います。なので、基本的には以下のスペースを用意して、あとは置けるだけ置くという方向性で良いと思います。宿泊可能人数が収益獲得するための大切なキーポイントとなってくるので。

キャリーバッグを広げるスペース

f:id:tentairbnb:20170718134431p:plain

ゲストは手ぶらで来るわけではありません(日本人であれば可能性は無きにしも非ずですが)。なので、キャリーバックを広げるスペースが必要です。スペースがないと、とても困ります。最悪ふとんであれば畳めるので、その空いたスペースで広げることは可能ですが、ベッドとなると厳しいですよね。人数分のキャリーバッグを広げるスペースは用意しましょう。

ご飯を食べるスペース

f:id:tentairbnb:20170718134557p:plain

全て外食で済ますようなゲストをターゲットにするのであれば良いのですが、自炊や中食の場合、テーブルや座るスペースが必要ですよね。最低限、コンパクトなテーブル等は畳んででもいいので置いておきましょう。でなければ、ベッドの上で食べるというゲスト、ホスト共に不快な事態を招いてしまいます。サイズを選べる折りたたみテーブルはこちら。

くつろげるスペース

f:id:tentairbnb:20170718134514p:plain

寝る場所以外はくつろげないのは、少々狭苦しい印象を与えてしまいます。中には、寝る場所以外はいらないから安く泊まらせて!!という方もいるので、こちらもターゲット次第ですが。バックパッカー1人だけ泊めるような部屋であれば必要ないかもしれませんが、軽くソファを置いたりするようなスペースがあると、ゆったりと宿泊できるので良いです。特に連泊される場合は、このスペースがないと窮屈な思いをしてしまいます。

いかがでしょうか。心地よく暮らせる場所を提供するため、スペースを確保した上でベッドを置くようにしましょう。