Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

ホスト滞在型のメリット

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

私が運営している宿は全てゲスト貸切型ですが、私は最近、ホスト滞在型に大きなメリットを感じ始めています。それに関して言及していこうかと思います。

f:id:tentairbnb:20170722142456p:plain

1.知見を広げられる

ゲストは、様々なバックグラウンドを持った人が訪れます。国境、年代を超え、あらゆる人と交流することが可能です。英語などの外国語の勉強にもなる上、自分が生きてきた中で知らなかった、触れることのなかった情報・文化に接することができます。世界中の友達ができます。ホスト滞在型であれば直にコミュニケーションをとることにより、知見をグンと広げることができると思います。

2.おもてなしを提供できる

ホスト滞在型でしか実現できないホスピタリティを提供することができます。それはお茶を入れてあげたり、お風呂を沸かしてあげたり、地元の料理を振舞ったり。こういったおもてなしは、ゲストは確実に喜びますし、ホスト自身も幸せな気持ちになることができますよね。僕自身、最近AIRBNBでとある方のお家へ滞在させて頂いたのですが、農家だったので朝一番に採れたてのブロッコリーの塩ゆでを頂き、とても美味しく、感動しました。本当に嬉しかったです。こういったホスピタリティはホスト滞在型ならではですよね。

3.高評価レビューを頂きやすい

上記のようなおもてなしをいただけると、他に気になることがあっても、絶対に高評価をつけたくなるのが人間の性。おそらくゲスト貸切型であれば星4つのところ、ホスト滞在型のおもてなし故に星5つなんてこともザラにあると思います。もちろん、評価をいただくためにホスト滞在型を勧めるわけではありませんが、結果として、こういった嬉しいレビューとなることが多くあると思います。

僕も冬あたり、ホスト滞在型にチャレンジしてみようと思います。