Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

価格設定を見直しなさい。運営タイプ別価格設定法

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

f:id:tentairbnb:20170713070242p:plain

こんにちは。価格設定にこの上ない楽しさを感じている龍之介です。

今回は価格設定のあれこれ、ということで、望んでいる民泊運営のタイプ別で、こんな価格設定はどうかな、という話をしていきます。それではどうぞ

 

できるだけ清掃の回数を減らしたい

単純に、清掃がめんどくさい、、とか、清掃する時間がない、、の場合、または代行に頼んでいるけど費用高いから清掃回数を減らしたいんだよねというあなた。この場合は清掃料金を高くして基本料金+追加料金を少なくしましょう。あとは、週割と月割をめっぽう高くする。長期滞在すればするほどオトクプランになりますね。清掃料金は何泊しても固定の料金。清掃料金を高くして基本料金を少なくすると「1泊だと高いけど4泊すると安いよね」ということになります。ただし注意点としては長期滞在するゲストというのはそんなに多くありません。例えば外国人の日本の平均滞在日数は6日ですが、東京と京都行くみたいに2つのエリアに行くとしたらそれぞれ3日ずつの滞在。となれば、あなたの家に泊まる人は2泊とか3泊くらいが平均値になるのではないでしょうか。私の経験実感から言っても、5日以上泊まる予定の人というのはそこまで多くはないので、逐一カレンダーで迫ってきた空き日程が出てきたら価格を下げる等の作業はしましょう。

 

何回でも清掃させて。清掃大好き

清掃好き好きーー!!!何回でもさせてーー!!大学生だし暇なんだよねー!!フリーターだからひまー!という方は、清掃料金を低く設定しましょう。そうすることで、1泊でも来てくれるゲストが増えます。そして、何よりのメリットは稼働日数がいい感じに埋まっていくこと。長期滞在ターゲットだと、稼働日と稼働日の間のスキマ日程が空きがち。でも、清掃大好きパターンだと1泊でも泊まってくれるゲストが予約を入れてくれるので良いです。

 

大人数で泊まってくれよ頼むから

ハコがデカいのに2人で泊まるなや!!!という方。大人数で泊まってくれた方がゲスト自身が同じ金額でも割安に感じるので、言い方を変えると大人数で泊まってくれた方が高い料金をいただけます。はじめから大人数の予約だけが欲しいという方は、追加料金を0に近づけてください。そして基本料金をかなり高くしてください。1人で泊まったら高すぎる!!と思われたら勝ちです。10人で泊まってこの価格???と思わせたら勝ちです。であれば、人数に関わらず基本料金だけを高くしておけば、あとは大人数ゲストの予約待ち状態になります。しかし、このパターンも清掃回数減らしたいパターンと同じで、大人数ゲストがそこまで多く存在していないことを認識しましょう。私の経験実感から言うと、2人~5人というのがゲストの大半です。なので清掃回数減らしたいパターンと同様、空き日程が近づいてきたら、そこだけ価格を低くするなどする対処が必要です。近づいてきたらというよりも、1ヶ月前あたりになったらすぐ下げましょう。実感として、長期滞在ゲストも、大人数ゲストも、宿は早めに確保する傾向にあります。1ヶ月前の時点でもう価格を下げて間違いないと思います。

 

まとめ

価格設定でゲストは選べるということの再認識をもちましょう。自分からゲストを選びに行くのです。スマートプライシングを使っちゃうなんてことはしないでください。僕はスマートプライシングを試しましたが、全く予約が入りませんでした。自分で考えて自分で決める!

www.tentairbnb.com

あなたの運営タイプはどれですか?