Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

キャンセルポリシー、厳格にしてる?

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

f:id:tentairbnb:20170801180856p:plain

こんにちは、龍之介です。今回はさらっと、大事なことを。

キャンセルポリシーは厳格にしたほうがいい理由

継続的な収益化を目指すのであれば、必ず、キャンセルポリシーは厳格にしましょう。

実は、私も民泊を始めてから約2ヶ月たちましたが、既にキャンセルは2件入っています。ただ、私ははじめからキャンセルポリシーを厳格に設定していましたので、収益に影響はありませんでした。1件は当日まで1週間以上前のキャンセルでしたので、清掃料金を除く料金の50%は入ります。もう1件は当日から1週間以内のキャンセルでしたので、清掃料金を除く100%の料金が入りました。この時、私がキャンセルポリシーを「柔軟」or「普通」を採用していたら、収益予想に大きな変化が生じていましたと思います。ゲストに実際に来ていただけないのは残念ではありますが、もちろんこちらもボランティアでやっているわけではありません。キャンセルポリシーは厳格に設定しましょう。

 

実際、キャンセルポリシーを厳格にしたら予約は減るの?

正直、多少は減ると思います。しかし、キャンセルポリシーは妥協できないポイントだと思います。キャンセルポリシーを柔軟や普通にして予約数を稼ぐのはパワーの入れどころが違うと思います。宿の顧客満足度をできるだけ高め、代わりにキャンセルポリシーは厳格ですよ。というのが自然ですし、そうすることで予約数は減ったりしません。さらに、厳格にすることで、ゲストの予約の質にフィルターをかけることもできます。もし「柔軟」「普通」に設定していたら「とりあえず予約」が発生します。ほかの宿も検討するけど、一旦押さえとく。という予約です。これを防ぐには「厳格」以外に方法はありません。予約の質を高めましょう。そして、キャンセルポリシー以外のところで精一杯予約が入るよう努力しましょう。努力すればキャンセルポリシーが厳格でも予約は減りません。

 

まとめ

キャンセルポリシーを厳格にすることで、質の高い予約が入るため収益が安定する。

以上です。