Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

アメニティは説明文へ

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

アメニティを説明文で紹介していますか?説明していないと、せっかく用意したアメニティも意味がありません。なぜなら、そのアメニティの存在を予約前のゲストは知る余地もなく、価値を伝えきれずに予約が入らないかもしれないからです。かの有名なマーケティングの父、コトラーはこんな言葉を残しています。

「広告をせずに事業を営むのは、暗闇で女の子にウインクするのに等しい。
自分が何をしているのか、まわりにはまったく伝わらない…」

ということなんです。つまり、せっかく良い家を用意しても、その価値を伝えられなければ、ゲストは予約してくれない、ということです。なので皆さん、アメニティの説明は写真で伝えるだけじゃなく、説明文にテキストとしても残しておきましょう。

リスティングの編集のところには、説明を書く欄がたくさんありますよね。僕は、アメニティの説明をするときは「スペース」にその内容を書いています。

f:id:tentairbnb:20170802164917p:plain

リスティングの説明画面で一番上に来るのは、「概要」です。

f:id:tentairbnb:20170802165043p:plain

こちらが一番目立つので重要なページ部分になるのですが、アメニティを逐一書いていくと、概要には収まりきらないはずです。文字数オーバー。なので、スペースのところにアメニティの詳細の説明を書いていきます。実際の僕のリスティングページにはこのような内容を書いています(一部)

f:id:tentairbnb:20170802165301p:plain

このように書いてあげることで「なるほど、こんなアメニティがあるのか」と理解してくれ、予約も安心して入れてくれます。サプライズで、あえてアメニティの詳細の説明をせず、来てから驚いてもらう、という方法を取りたい方は、本当に一部の特殊なアメニティにのみ採用すべきです。基本的には、全部AIRBNB上で公開します。全部見せびらかします。前も言いましたが、ゲストに部屋のすべてのことを知ってもらい、実際の宿泊の時にはその確認作業をしてもらうのです。全てをさらけだしましょう。