Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

ブランディングのため物件に名称を付ける

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

f:id:tentairbnb:20170802165950p:plain

「宿の名は?」こんにちは。龍之介です。

 

これは僕の持論ですが、宿に名前を付けるべきだと思うんです。ホテルは全部、ホテル名がついてますよね?あれ、ブランディングってやつです。ホテルは、名前を一生懸命考えてつけます。定義上は同じ宿泊する場所、AIRBNBでもホテルでも。であれば、AIRBNBの物件にも名前を付けてブランディングしましょう。なんとなく名前がついているだけで、信頼が上がるような錯覚を人間は持ちます。なので、名前を付けます。

新築マンションは、もれなく名前がついてますよね?プラ〇ドとかブリ〇アとか。あれも、物件そのものにブランド価値を与える重要な要素です。

私は宿に柔らかい印象をもたせるようなネーミングを採用しています。これに関しては、本当に皆さんの考える名前でよいと思います。そして、名前を付けたら、是非タイトルの一番後ろでもよいと思うので、添えましょう。

f:id:tentairbnb:20170802170424p:plain

このタイトルのところですね。ゲストが宿を探す際に一番最初に目に入るテキストが、こちらのタイトルです。目に留めてもらい、あなたの宿の詳細ページに入って頂くために、タイトルでインパクトを与えましょう。宿の名前です。僕はちなみに「〇〇亭」といった名前を宿につけています。タイトルのところにも、「....ー〇〇亭ー」といったように、タイトルの最後尾に添えています。

ゲストはその名前を使ってくれます。僕もメッセージのやり取りの中で、実際に使ってくれているのをみて嬉しかったですし、なんとなくゲストの方も愛着が沸いているのではないかな?と予想しています。

これで予約が上がるのか?と言われたら正直わかりません。しかし、付けないよりは付けたほうが良いと思います。暇なときに考えてみて、タイトルに添えてみましょう。