Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

ゲストから依頼を受けたらチャンス

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

こんにちは。龍之介です。ホストをしていると、ゲストから店の予約や地元の情報の供給を依頼されることが多々あります。こういったことがあれば、それは全てチャンスだと思ってください。なぜかというと、いつも僕が一番重要だと言っている、レビューの高評価が生まれやすいからです。依頼を受けたらもちろん丁寧に応えていきましょう。そして期待を超えるように努力します。

受身のスタンスではなくこちらから問う

僕は、予約を頂いたゲストに必ず送るメッセージがあります。

f:id:tentairbnb:20170803132536p:plain

最後の2行を見てください。

「If you have something to worry about or want to know, please contact us anything!」

和訳:何か心配なことや知りたいことがあれば、言ってくださいね。

この一言を送ることで、ゲストは気軽に私に連絡をくれます。そして、快適な旅行を実現するための手助けをすることができます。僕は、ホストの醍醐味はここにあると思います。僕は過去に外国へ旅行したとき、現地でわからないことが多々あり、すぐに聞ける人がいなかったので近くにいる人に積極的に質問していました。ですが、ゲストの全てが積極的に周りの人に質問できる性格であるとは限りません。ホストがその役割を担ってあげることで、安心して旅行に臨むことができますよね。ちなみに私は英語ができないので全てgoogle翻訳大先生にお願いしています。違和感のある英文かもしれませんが、問題ありません。伝われば良いのです。ここは日本です。

 

期待を超える対応をする

ゲストに依頼されたことに対して正確に対応するのは重要です。ただ、正確に答えることに加えて、期待を越える対応をすることはもっと重要です。ここが高レビュー低レビューの分かれ道です。プラスアルファの対応をしていきましょう。

例えば店の予約をお願いされた時。ゲストの属性によって予約にプラスアルファを加えます。景色の良い席を取る、個室を用意してあげる、お店にオススメのコースや料理を聞いておき、それをゲストに伝える、店のスムーズな行き方を説明してあげる、外国人が行くことを予め伝え、英語対応が可能であればお願いする、そもそも予約をお願いされたお店よりもオススメのところがあればそこも紹介する、など。出来ることはたくさんあります。こういうことができて始めて高評価レビューをもらえるに値すると思います。余計なことをしない方がいい?なんて思っている人は勘違いをやめましょう。できる限りのことをしてあげる。それこそが日本のおもてなしです。トライしてみましょう!