Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

民泊で詐欺?予約人数が実際人数と違う!どうすればいい?

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

こんにちは。龍之介です。噂には聞いていたのですが、私もついに経験しました。予約人数と実際の宿泊人数が異なるパターン。。とても悲しいですが、実際に起こるんですね。さて、もちろんゲストが申告した予約人数と実際の人数が異なった場合、これは一種の詐欺にあたります。AIRBNBへ相談しましょう。しかし、結論から申し上げますと、予約人数と当日の人数が異なった場合でも、余剰人数分の追加請求を実現することはかなり難しいです。

私も実際にAIRBNBのヘルプセンターへ相談しましたが、結果的には請求をしてもゲストから支払っていただけることはありませんでした。泣き寝入りですね。

証拠がない

そもそも、僕が人数相違がある事実を知ったのは、雇用している清掃員から聞いたからです。「チェックアウト時出て行く人数が予約人数と違った。布団も多く使われている」と連絡を受けました。僕はそれを元にAIRBNBに問合わせて請求をしたのですが、証拠がないので、ゲストが認めなければ請求は成立しません。仮にチェックアウトの現場を写真に収めてゲストに問いただしたところで、「宿泊してない。迎えに来ただけ」と言われてしまう可能性も。水掛け論になった場合、後味もなんとなく悪いですね。

支払わせるための費用対効果が合わない

正直、仮に徹底的に証拠を集められたとしても、追加人数分の料金が上乗せされて返ってくるだけです。例えば追加料金1人あたり2000円だとして、予約人数と宿泊人数の相違が1人だとしたら、ゲストから追加で2000円返ってくるだけです。そのためにあれこれ行動するのは、費用対効果が合わないですよね。気分も良くはない。なので、諦めるのが一番良い選択かなぁとも思ってしまいます。

airbnbのヘルプセンターから来たメールがこちら

airbnbの「ヘルプ」→「問題解決センター」から請求申請を行ってから、最初に来たメールがこちら。

f:id:tentairbnb:20170805120420p:plain

airbnbが請求の仲介をしてくれます。ゲストに聞いてみるとのことで、数日待つと、次に以下のメールが届きました。

f:id:tentairbnb:20170805120649p:plain

と、ゲストにも認めてもらえず。そもそも、もしかしたら、清掃の方の見間違いの可能性もゼロではないですし、ゲストが認めなくてはどうしようもない、というのが現状の見立てです。

未然に防ぐには

では、予約人数を正確にゲストに入れてもらうにはどうしたら良いか。今のところ考えられるのは、セルフチェックインを辞める以外ありません。実際にホストが立ち会えば人数は一目瞭然です。なので、このような案件が起こり得るのは、ほぼセルフチェックインの時のみです。私以外の方でこのようなことが起きたのも、全てセルフチェックインの場合でした。ただ、私はセルフチェックインを辞めるくらいなら、人数違いは諦めた方が良いという判断をしています。それほど、セルフチェックインによる恩恵は大きい、ということです。

www.tentairbnb.com

www.tentairbnb.com

www.tentairbnb.com

www.tentairbnb.com

腑に落ちないところもあるとは思いますが、ゲストを信頼して、めげずに運営を続けていきましょう。人数違いなんか屁でもない!と言えるくらいの価値のある宿を提供できれば、問題ない、ということです。人数違い対策に力を入れるくらいなら、更なる集客に向けたポジティブな宿の改善に精を出しましょう。まだまだ出来ることはあるはずです。この件は、ドンマイだな!くらいの気持ちで!今回は以上です。