Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

民泊の最低宿泊日数は必ず「1日」から。その理由とは?

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

こんにちは。龍之介です。 今回は、最低宿泊日数「2日」に3週間ほど設定してみた私が、その考察を綴っていきます。 いいですかみなさん、最低宿泊日数を定めていいのは、 宿泊価格が明らかに相場より低く設定しているホストのみ です。 それ以外は、絶対に最低宿泊日数は1日にしてください。予約が入りませんよ。

どういう原理で、最低宿泊日数2日以上の宿に予約が入るのか

現状、私の考察だと、 スペシャルな特徴がない限り、「一定の宿としての機能と立地をクリアしていれば、あとは予約が入るのは価格順である」という法則です。これは、AIRBNBに限った法則ですが、ほぼ間違いないと思ってます。そして、安い順に予約がはいる可能性が高い以上、最低宿泊日数2日以上の宿に予約が入るには、相場よりも低く設定している宿のみです。仮に、相場と同じくらいかそれ以上の価格の宿で、2日以上を設定していると、1泊のゲストは他に流れます。予約獲得できません。2日以上のゲストも、より安い宿に流れます。つまり、2日以上に設定して効果が出る(清掃絶対数が減る)のは、相場より安い宿のみです。2日以上設定で相場価格の私の宿は、3週間、めっきり予約が入らなくなりました(2日以上設定のない他の宿は、通常通り予約が入り続けています)。 ということでみなさん、2日以上条件にする宿は、 宿スペックで見たときの相場より明らかに低い価格 であることを条件に、設定しましょう。そうでなければ、予約は入りません。お気をつけてください。以上です。