Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

民泊にもゲストブック?その効果とは。

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

こんにちは。龍之介です。最近、ゲストブックを部屋内に設置することにしました!(とはいってもただのメモ帳) こちらに、ゲストから宿に関する感想や、自由なコメントを入れてもらっています。結構嬉しい内容が来るものでして、嬉しいのですが、色んな観点からみても、ゲストブックは良いなと思いました。その考察です。

お互いの感情にポジティブな影響を与える

ゲストブックに、ゲストの気持ちを書いてもらうことで、その内容がポジティブであろうとネガティブであろうと、ゲストは宿に対する親近感を抱きます。なぜかというと「参加感」「所属感」を持たせることができるからです。宿の一員として、来た証を残すことで、所属欲求を刺激することができるからです。そうすることで、なんとなく宿が自分のものであるかのような感覚に陥ります。なので、ゲストブックを設置し、書いてもらうことは、ゲストの満足度を上げるための最も簡単であり、シンプルな手段であることがわかりました。ゲストブックをおいてから、そこに書かれた内容の是非を問わず、AIRBNB上のレビューでは良い内容を書いていただいています。ゲストブックとレビューの内容に因果関係があるという証明はできませんが、僕はかなり関係していると思います。ホストが宿にいなくとも、ゲストと繋がれる唯一の場所がゲストブックだからです。 ゲストブックは、ホストの感情にもいい影響を与えます。感謝の言葉を直筆の紙で見られることは、運営モチベーションの向上につながります。まさに、ホストとゲストのwin-winを繋ぐ場であると確信しました。 デジタル上(AIRBNB上)のメッセージのやり取りのみだと、どうしても感情の部分での満足度を上げることが難しくなります。それは、私たちの生きる世界のテクノロジーの発達が進んでいるに関わらず、私たちの脳みそは原始時代とさほど変わっていないからです。アナログな繋がり、関係性が感情的な満足度を高めるに違いありません。クローズな空間でノートに自分の手でメッセージを残すという作業が、ゲストの感情に与える影響が多大なものであることは、間違いありません。 ゲストブックという手段を今回は用意しましたが、他にどうすればゲストとホストが、より良い繋がりを得ることができるか、更に模索していきます。セルフチェックインという仕組みを継続させながら、ホストとゲストの関係性も担保できる最適な方法が見つかるまで、この分析を続けていきます。また発見、考察があれば共有していきます。