Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

民泊運営、まるまる貸切でも、私物は室内に残せ!その理由とは?

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

こんにちは。龍之介です。滑稽なタイトルでスタートしましたが、このタイトルは冗談でもなんでもありません。あなたの私物、プライベートなものであると誰もが理解できるものを、複数点置いておくべきであるということを示唆しています。 理由は、「ホテルではなく他人の家であることを認識してもらうため」です。このように認識してもらうことのメリットは以下の2つ。

・室内満足度のハードルを下げることができる

・部屋を綺麗に使ってもらえる

室内満足度のハードルを下げることができる

ここで言っているのは、室内の満足度を高める必要がないということではなく、ゲストの脳内満足度の偏差値を下げろ、ということを言っています。 例えばですが、あなたが友達の家に泊まったとします。そこで、歯ブラシがなくても、まぁ仕方ないくらいに思うでしょう。これが、ホテルだとしてください。歯ブラシがないと、ホテルに対する評価はダダ下がりですよね。この違いです。ゲストに、ホテルではなく他人の住んでいる家ということを認識させることで、アメニティその他室内機能の満足ハードルを下げることができる。あくまで誰かが住んでいる家を借りるという認識で臨んでもらいましょう。そうすることで、あなたが用意した歯ブラシの価値も、一気にグンと上がります。ハードルを下げておいて、満足度を最大限まで伸ばす。ハードルと実際満足度の振れ幅が大きければ大きいほど、あなたの家の高評価へとつながっていくのです。ホテルではなく、誰かが住んでいる家と認識させるためには、タイトルに書いた「あなたの私物を置いておく」という方法がベスト。あえて、ゲストが必要なさそうなあなたの私物をいくつか置いておきましょう(もちろん、貴重品はやめましょう。最悪なくなってもいい本や、スポーツグッズなど)。そうすることで、ゲストの脳内で「ホテル」から「誰かの家」へのパラダイムシフトが起こります。

部屋を綺麗に使ってもらえる

これも同様です。脳内パラダイムシフトを起こさせることで、「綺麗に使わなきゃ」とゲストは考えます。他人の家なので。これは本当に不思議なんですが、私の私物を置いてある部屋は、80%の確率で、ベッドが整えられ、キッチンの流し台も整理され、ゴミの分別が行われています。これらは紛れもなく、私物を置いてからです。ゲストの国籍も問いません。不思議ですね。でも、レビューは高評価なのです。こんな良いことがあっていいのか、というレベルです。一度、掃除機までかけてくれたゲストもいました。この時は歓喜しましたね。

私物を置くと、メリットしかない

脳内パラダイムシフトを起こさせ、素晴らしい数々のメリットを享受しましょう。 今回は以上です。

www.tentairbnb.com