Break Out -民泊参考書-

札幌の民泊代行会社による、民泊ホストのノウハウを徹底解説。物件選びからアメニティ選定、写真撮影編集から価格設定まで。収益化に成功した全てのノウハウを言語化し提供するホスト応援サイトです。

住宅宿泊管理業者の登録は急ぐべき?

北海道内にて、民泊運営代行を営んでおります。

住宅宿泊管理業者登録済み(国土交通大臣(01)第F00690号)

法律・条例に則った安心の運用を行います。

お気軽にご相談ください

代行運営法人:株式会社ブレークアウト

ご相談窓口:tentairbnb@gmail.com

代行ホームページはコチラ

f:id:tentairbnb:20180523213438p:plain

住宅宿泊管理業者の申請は行列ができている

住宅宿泊管理業の登録は急ぐべきでしょうか?

もし、民泊管理を事業のひとつとして考えられているのであれば、急ぎましょう。

なぜなら、申請から承諾までの期間が長いからです。

本日(2018年5月23日)民泊ポータルサイトに申請状況を問合わせてみました。

すると、住宅宿泊管理業の登録は急いだ方が良いとオペレーターが言います。

申請から登録まで3ヶ月くらい見たほうが良いとのこと。

北海道札幌市における民泊の繁忙期は、8月。

3ヶ月も待ってられない、、と思い、届出先である、北海道開発局へも電話。

すると、「大体1ヶ月で承認しています」とのこと。

しかし、申請中が70件、登録済みが30件とのこと。

ポータルサイトのオペレーターの言うとおり、3ヶ月はかかるかもしれませんね。

オペレーターいわく、住宅宿泊事業者の登録は、申請から1ヶ月で済むそう。

 

管理業も、事業者も自治体によって違うのかもしれませんね。

この記事を見て焦っている方は、まずは地域の届出先に、申請状況を確認してみましょう。

民泊新法における民泊事業で、スタートダッシュを切りたい方は、是非お早めに。